コラム

こんな時、どうするか?

Q.1 新規にシャッターをつけたいが、何処へ頼んだらいいかわからない。
Q.2 具合が悪いから直したいが、何処へ頼んだらいいかわからない。
Q.3 車が飛び込んで、シャッターをこわされた。修理を何処へ頼んだらいいか?
A.1 こんな時、電話帳(職業別)で調べる方法もありますが、シャッターの流通経路を知っていると便利です。

各種シャッターの流通経路

イメージ図

 建築用の各種シャッターは、一般の消費財と異なり、デパートやスーパーでは取り扱っておりません。むろん小売り店はありません。
 新規にシャッターをつける場合も、修理をする場合でも次の3ルートがありますので、参考にして下さい。

ルート@ 一般的な流通経路で、大工・工務店・建設会社は各メーカーの取引先です。
現在お住まいの住宅や店舗を建築した業者で、シャッターメーカーとは緊密な連絡体制があり、迅速に対応してくれます。

ルートA 伝統的な建材業界の流通経路ですが、クッションが多いのが難点で、現場の情報が正確に伝わらないこともあります。
一般消費者(エンド・ユーザー)には、流通経費が嵩み若干割高になりますから、お薦めできません。

ルートB 例外的な流通経路で、お住まいの近くにサッシ店もしくはガラス店がありましたら相談してみるにはいいでしょう。
シャッターに関する専門的な知識はありませんが、取次はしてくれます。

前のページへ